知っておいた方がいい!必ず通る内科の知識

内科の外科の違いって?

来院して、まず悩んでしまうのが、内科と外科の違いです。違いを簡単に説明すると、内科は投薬や指導で体の内側から治す機関で、外科は手術によって患部摘出や縫合してくれる機関です。なので初めは一般内科で初期診察してもらい、外科に行く必要があれば紹介してもらいましょう。 最初、外傷や眼科など特異的なもの以外、15才以上は一般内科で診てもらいます。ですから混んでいる事が多く、初診でなければ、まず予約の電話をしてから来院しましょう。そこから生活習慣病であれば、各診療内科に担当が変わります。また、内科クリニックから総合病院や大学病院など専門的な病院に移る場合、紹介状を書いて貰わないといけない場合があるので注意しましょう。

定期検診が健康への第一歩!

体が不調を知らせる前に進んで内科の検査に行きましょう!定期的に健康診断や人間ドックに行く事で、自分が注意しなくてはならない点や、対処法を理解出来たり、早期発見などに繋がるからです。事前に大きな病気にならない方法としては、日頃から健康に気を付ける事です。いつもよりちょっとだけ野菜を摂るようにしよう!ちょっとだけ外の空気を吸い散歩をしてみよう!それが、ストレス軽減にも繋がります。このちょっとだけがとても大切で、少しの気遣いで大きく体調も改善されていきます。しかし、常に気を付け続ける事は難しいと思います。ですから、一人ではなく家族や友人など一緒に行う事で、やる気を持続させる事が出来ます。大切な人と一緒に健康を心掛ける事により、より一層健康は大事な事だと気づかされます。

三鷹の内科はショッピングモールのなかにあるので場所が分かりやすいです。内科でも胃腸科を診察しているところもあるので緊急時でも安心です。