ニキビ跡を作らないために!ニキビのうちにニキビ跡対策を

不必要に触るのは厳禁!

色素沈着やクレーターといったニキビ跡、治すには時間がかかると言われています。治りにくいニキビ跡、ニキビのうちに早めに対処してニキビ跡を作らない事が美肌への近道と言えますよね。ニキビ跡はニキビを刺激して炎症が悪化してしまうと、起こりやすくなるようです。ニキビがあると、ついつい触ってしまったり洗顔などスキンケアをする時、何回も触れてしまうケースが多いようです。手で触れる回数が増えれば増える程、ニキビへの刺激となりニキビ跡が出来やすくなるので、できるだけ触らないという事が大切です。

紫外線対策はしっかり行う

ニキビ跡、特に色素沈着タイプのニキビ跡対策には、紫外線から肌を守るという事がとっても重要ですよ!紫外線を浴びると、肌細胞を紫外線から守ろうとして、メラニン色素という色素が大量に作られます。メラニン色素が肌に沈着すると、色素沈着になってしまうんです。ニキビがあある場合、さらに紫外線のダメージを受けやすく色素沈着しやすくなります。ですので、色素沈着タイプのニキビ跡を作らない為には、日頃から日焼け止めなどで紫外線対策を行いましょう。

ニキビのうちに治療するのもおすすめ

ニキビ跡の中でも特に治りにくいと言われているのが、クレータータイプです。ニキビの炎症が肌の奥にまで達すると、クレーターが出来やすくなります。スキンケアや食生活などを見直しても、ニキビがなかなか治らないという場合、思い切ってニキビ治療を早めに行う事がおすすめですよ。ニキビ治療を受けて素早く治せば、クレーターをはじめとするニキビ跡を予防する事が出来ますよね。肌トラブルは早め早めにケアすると、治りも早いと言われていますよ。

ニキビ跡を気にする人は世の中にたくさんいますが、気になって仕方ない人は病院に行って対処方法を教えてもらいましょう。