身体の危険信号に気付くために!肥満外来の必要性

血圧を測りながらダイエットをサポート

自宅に血圧を測る機械が無い上に、体重が増加する一方だという人は、常に高血圧のリスクがある事を意識しなければいけません。肥満外来のようにダイエットの知識を与えるだけでなく、血圧や血糖値を測定してくれる医療機関を頼るようにしましょう。血糖値が高すぎると分かった時には、ただ体重を減らせるだけでなく、血糖値を下げる効果を期待できる食事メニューに切り替えるよう指導してくれます。自力で食事メニューを考えるのが苦手という人の、心強い味方となる医療機関です。

内臓の周囲の脂肪に注意する

腹囲が男性で85cm以上あるという人や、女性で腹囲が90cm以上ある人は、すでに肥満による体内の悪影響が出てしまっている可能性もあります。腹部に脂肪が多いようには感じないのに、腹囲が80cm以上あるという人は特に注意が必要です。腹部の外側ではなく、内臓の周囲に脂肪が付着する事によって、内臓が圧迫されてしまっている可能性もあります。内臓に悪影響が出てしまう前に、肥満外来で脂肪のバランスを整えるようにしましょう。

排尿の回数の少なさに注意する

一日に何回ほど排尿が行われているか確かめてみた際に、一日に2回や3回しかトイレに行っていない事に気付いた人は、体内の異常に注意をしてください。体内の脂肪が増え過ぎた事によって、膀胱などの内臓に異常が生じてしまい、排尿機能がおかしくなっている可能性もあります。身体のむくみが酷くなっていたり、尿を出す際に痛みを感じるようになった際にも注意をしてください。肥満外来で正しいケアを行うだけで、排尿機能が改善されたという人も多いです。

肥満外来とは、簡単に言うとお医者さんの力を借りたダイエットのことで、専門医の指導のもと無理なく痩せることができます。